お問い合わせフォーム
お問い合わせ電話0527687311
人生をもっと生きる

がん克服体験記

思いは叶うと信じて

斉藤康夫さん

がんが見つかった、どうしよう

今から10年前の17年の暮れに、会社の健康診断で肺がんのおそれがあると言われました。以前から首をかしげたときに首に圧迫感を感じていたので、そう言われたとたん、これは間違いなく肺がんだと思いました。

実は私には夢がありました。定年退職後は100歳まで楽しく生きよう。歩いて全国を旅してみたい。好きな釣りをやりたい。畑を借りて野菜を作ってみたい。そういう思いがガラガラと音を立てて崩れていきました。そして、治療を受けるなら会社を休まなければいけない、もし死んだら収入の道が閉ざされてしまう、どうしよう、どうしようと頭のなかがもやもやになりました。

そのときに、後ろ向きなことや悲観的なことばかり考えても仕方がないとふっと思ったのです。そうしたら頭に浮かんできたのは、がんが奇跡的に治った人の症例、それから、胃がんだった父が入院していたとき、大腸がんの人がいて、手術できれいに取れなかったにもかかわらずまだ元気でいるという話、そして「不思議なことに、治療できないような末期がんでもぐんぐんよくなる方がまれにあります」という先生の話。そんなことをあれこれ思い出したら、ああ、そうなんだ、自分で治せばいいのだと思えてきました。

そうだ、イメージトレーニングをやろう

ではどうやって治そうか。一生懸命考えて一つの結論に至りました。白血球ががんを攻撃してるイメージをしてみよう。白血球は異物が体のなかに入ってきたときに異物を攻撃します。ですが、がんはどうもカムフラージュして攻撃から逃れるすべを身につけているようなのです。ならば白血球ががんを発見して、それを攻撃していくイメージをやってみよう。それを何回も何回も繰り返すことによって白血球の力がついてくるのではないか。がんになったのは修復の遺伝子がこんこんと眠っているからだ。これはちょっとやそっとでは起きないだろうが、イメージトレーニングを繰り返していれば、むくむくと目覚めてきて、がんを発見して壊してくれるだろう。そう考えて、疑いがあると言われたその日からさっそく始めました。

私のがんはリンパ節に転移しているため、手術をしてもリスクのほうが大きいということで手術はしていません。放射線と抗がん剤治療をその年の暮れから1月にかけてやり、4月の判定で、治療の効果があって少し縮小していると言われました。私は私で、イメージトレーニングをしたおかげだと自分に都合のいいようにとらえました。

3年ぐらいで影はうつらなくなりましたが、腫瘍マーカーは今でも7から8をうろうろしています。基準値は0~5ですから、今もがんはあるかもわからないのですが、今元気なら自分は元気だと思っています。

同じ仲間と語らうことのよさ めぐみの会の立ち上げにもかかわった織田さんも実は同じ会社の社員でした。彼を通してがん患者同士の語り合いの会を知り参加するようになりました。参加してみると、同じ患者もしくは患者さんの家族ですから、自分の痛みもよくわかってもらえるし、人の痛みもよくわかる。ですから、心が楽になるし、理解してくれる仲間がそばにいる。これはいい、私には必要だと思って今も参加しています。

自分流のイメージトレーニング

12月から6月まで会社を休職し、7月から復帰しました。そこはお客様相談室という部署で、一見ストレスがたまりそうに聞こえますが、まったくストレスなし、働く時間は忙しい日で3時間ぐらいという部署でした。それで暇があればイメージトレーニングをしたり、ネットで検索して勉強したりしていました。

僕は自分の自己流でイメージトレーニングをやってきたのですが、調べてみると、アメリカのサイモント博士が考えた「がんを治すためのイメージトレーニング」がすでにありました。イメージトレーニングでがんが治った人、縮小した人、縮小しなくても成長が止まった人が約70%ぐらいあるということがわかりました。それを知って回数を1日最低でも3回、たいていは6~7回やるようにし、時間も5分から30分ぐらいに延ばしました。この方法はまったく副作用がありませんから、やっていても楽しいです。70%の人に効果があるなら自分だって治ると思って、一生懸命続けています。

そのための冊子を作りました。一つは、ガンの患者学研究所の川竹さんの文章を拝借して、それに自分の思いを加筆したもの、それからサイモントンのイメージ療法の本とかCDから抜粋したものに加筆修正をした文章です。

どんなことを加えたかというと、僕は以前ビタミンCでかぜは治ると信じて、ビタミンCを飲んでかぜを治してきました。ところが、ビタミンCではかぜは治らないと言われてからは治らなくなりました。そんな経験。それから、がんセンターにあったビデオで、白血球ががんを攻撃している映像を見たのですが、がんを攻撃している白血球はほんの一部で、あとの白血球はみんな素通りしていくのです。あ、そうか、だから治らないのだと思ったので、イメージに白血球を総動員し全員参加でがんを攻撃せよというのも加えました。

それから、がんがあっても白血球が認識していないかもわからない。だから、場所はここだ、ここにがんがあるから治してほしいということで、頭が痛いと思ったら頭を、肝臓が痛かったら肝臓を押さえて、白血球ががんを攻撃しているところをイメージしています。

冊子はこんな調子です。一部を紹介します。

「がんになっても、変化を起こし健康を手に入れた人は世の中にたくさんいる。私にも健康を手に入れることが必ずできる。がんは白血球に絶えず攻撃され、破壊され、縮小し、ついには体のなかから消えていく。体には放っておいても簡単にがん細胞を見つけて排除する機能が備わっている。がんが発生するメカニズムが存在するならば、がんが自然消滅するメカニズムもある。がんで死ぬ人もいれば、死なない人もたくさんいる。」「以前ビタミンCでかぜをすぐ治せた。今回もイメージトレーニングでがんを破壊し体のなかから消すことができる。私にはその力がある。白血球を総動員して全員参加でがんを攻撃せよ。」「私はがんに打ち克つことができる。私はがんに打ち克つ力がある。完全に治る。完全に治せる。私にはその力がある。自分の力を信じ、プラスの発想をすれば修復の遺伝子が目覚める。私は奇跡を起こすことができる。奇跡は起きる。がんは退縮していく。がんは退縮していく。がんは退縮し体のなかから消えていく。がんを追い払って元気になりずっと健康でいることができる。すべては順調に何ごともなくうまくいっている。完全に健康を取り戻せる。」

もっと長いのですが、こんな文章を何度も何度も読んで、がんは治りにくい、治らないという潜在意識を、がんは必ず自分の力で治せるというふうに書き直し続けています。

それからがん患者同士の語り合い、これも自分では大変効果があると思います。こうやって皆様とお会いしていろいろお話しできることでとても免疫力が上がると思っています。

【質問と回答】

【Q】イメージトレーニングの文章を毎日何回もお読みになっているとのことですが、継続できる理由は何だとお考えですか。

【A】僕が生き延びるにはこれしかない、これで治そうと思ってイメージトレーニング始めたので、そんなに深く考えたことはありません。自分の潜在意識を塗り替えるという意味で、本を作ったりして知らず知らずのうちにやっていたということと、もう一つは、私が働いていた部署はとても暇で時間がたくさんあったということぐらいでしょうか。

【Q】イメージトレーニングのほかに心がけたことは何ですか。

【A】僕は何も考えずに歩くのが好きで、がんになる前から2時間から4時間ぐらい早足で歩いていたので、がんになっても歩き続けました。もう一つは楽しく生きようということで、最近は人との出会いを大切にしています。いずみの会、めぐみの会、そして三重県のおしゃべりサロンと、いろいろな会に参加して出会いを楽しんでいます。

「斉藤式」イメージトレーニング法

できるだけ、心地よい体制を取って軽く目を閉じてください

そして、徐々にリラックスしていきましょう

いつもよりゆっくり、長く深呼吸をします

鼻から吸って、口から吐きます

吸うときに、頭の中で、「吸ってー」と唱えてみましょう

また、吐くときに頭の中で、「吐いてー」と唱えてみましょう

吐ききったとき、少しだけ自分に微笑みかけてみましょう

いつもより、ゆっくり、長く深呼吸をします

深呼吸するたびに、身体がどんどんリラックスしていきます

今、呼吸とともに、あなたは再生していきます

そして、すばらしいことが今、起こっていることを、感じてください

いつもよりゆっくり長く深呼吸をしながら今、あなたのいるところが安全で、守られていてとても心地よいところであるということを、想像してください

そして徐々にあなたの気が高まってきたら自分自身の力強い自己治癒力を再認識してください

あなたが病気を持っているなら、健康に生きることを思い出してください

あなたの気が高まるにつれ、私に必要な助けは必要なタイミングで常にきちんと与えられているという事を認識してください

あなたの中に潜んでいる先人の知恵、叡智があなたをきちんと健康にする方法を知っています

そして今、あなたの叡智がフル活動をしている事を想像してください

あなたのエネルギーが充分に高まり、癒しの力が全身にみなぎって健康な身体に戻り、がんがどんどんどんどん縮小し、身体の中から消えていきあなたが望む「がんの消滅」が確実に実現していきます

あなたが受けている治療、取り組んでいる健康への取り組みとイメージトレーニングがあなたを健康に導くことをイメージすれば、必ずそのとおりになります

あなたが がん患者なら、あなたの身体は生まれながらにして、きちんとがんを見つけ出し破壊し、排除することが出来ることを思い出してください

イメージトレーニングをすれば、がんを破壊する能力が復活します

あなたが健康のために取り組んでいること、治療とイメージトレーニングがあなたの自己免疫力と一体となって、あなたを健康にしていることを確信してください

あなたが今 取り組んでいる心や感情への取り組みが効果的に働いていると確信してください

あなたが大好きな事を想像してください

あなたに喜びがもたらされたとき、細胞のひとつひとつがそれを認識し癒しのエネルギーを作り出すことを思い出してください

この癒しのエネルギーが全身にみなぎり、どんどん自己治癒力を高めがんをどんどんどんどん小さくし、あなたを健康にしていくことを思い出してください

そして、あなたが健康のために取り組んでいる運動が効果的に働いてあなたを健康に導いていることを思い出してください

あなたが代替療法を行っているなら、それが効果的に働きかけてあなたをどんどん健康にしていっている事を思い出してください

あなたが健康のために食事療法を行っているならその食事療法が効果的に働きかけてあなたを健康にしていくことを確信してください

あなたが既存療法に取り組んでいるならそれが効果的に、あなたを健康にしていっている事を思い出してください

また、あなたがイメージ療法に取り組んでいるなら白血球が、がんを発見し攻撃しているイメージを思い浮かべる時そのイメージが効果的に働きかけてあなたをどんどんどんどん健康にしていっていると確信してください

あなたのすべての取り組みをたたえてください

あなたの病気、がんに対する健全な信念を持ってください

がんは間違いなく自分で治せる病気でありがんを自分の力で治すことが出来るという強い信念を持ってくださいがんなどに負けるはずがない

必ず治せる 必ず治して見せるという信念です

覚えておいてほしいのは、がん細胞は今まで一度も正常細胞を攻撃したことがない、という事実です

私たちのがんに対する社会通念が間違っている事を覚えておいてください

がん細胞は私たちを攻撃したりはしません

正常細胞と がん細胞とを戦わせると、その結果は明らかです

白血球は たえずがん細胞に攻撃して常に勝ちます

しかし、がん細胞は決して攻撃はしません

あなたが取り組んでいる様々な療法で力をつけた「白血球」が通常通りの役割をはたして、あなたの弱いがん細胞を簡単に発見し攻撃し、破壊し、そのがん細胞をどんどん排除していく事を思い出してください

私たちの祖先が教えてくれた、病気に対する知恵を思い出してください

今 あなたの健康がどんどん増進していることを想像してください

あなたが健康的だと思える活動をイメージしてください

それに取り組んでいることをイメージしてください

変化を起こし、健康を手にいれた人が世の中にたくさんいるようにあなたにも、健康を手に入れることが必ず出来ます